<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
仁科神明宮
大王ワサビ農場を14:22に出発し、しばらく安曇野を散策した後、14:53安曇野を出発、15:34仁科神明宮に到着

仁科神明宮は、平安時代の終わりごろ、伊勢神宮領仁科御厨(伊勢神宮の庄園)を守るために、この地方の支配者である仁科氏により祭られました。以来、1000年以上にわたり20年に1度の遷宮(式年造営)が行われてきました。現在の建物は江戸時代のはじめのものですが、わが国古来の「神明宮」の様式を正確に伝えていることから、本殿、釣屋、中門は国宝に指定されています。
また、参道脇の大杉をはじめ、スギ、ヒノキなどがうっそうと茂る境内にや周辺の森(社叢)は、県の天然記念物に指定されています。

国宝というだけではなかなか人は集まりませんね。
+αがないと。
ここも閑散としていました。出会ったのは2組。
c0119036_21445453.jpg
c0119036_21451386.jpg
c0119036_22135961.jpg
c0119036_21452615.jpg
c0119036_21453776.jpg
c0119036_21455930.jpg
前にあるのが、一見拝殿にみえますが、拝殿ではなく神門
c0119036_2146775.jpg
神門から拝殿
c0119036_21462452.jpg
拝殿、釣屋(国宝)、本殿(国宝)
国宝の中門はみえていません。
c0119036_21463383.jpg
中門(国宝)、釣屋(国宝)、本殿(国宝)
本殿は、切妻造平入り、桁行3間、梁間2間、軒高6.6m、棟木の長さ8.3m余の日本最古の神明造り。屋根は檜皮葺(ひわだぶき)で、棟木の上には巴紋をつけた勝男木6本が置かれている。破風板は、そのまま延びて千木となり、破風板にはそれぞれ4本の鞍掛があり、妻には棟持柱があるなど構造手法に古式がうかがわれ、神明造りの原形式を保存している点で、建築史上貴重な遺構である。細部は概ね室町時代の様式を伝えている。
中門は、前殿あるいは御門屋ともいい、四脚門、単層で屋根は切妻造、檜皮葺である。本殿と同様破風板が延びてそのまま千木となり、鞍掛4本がついている。勝男木は4本である。
釣屋は、本殿と中門を連結するもので、本殿屋根と中門屋根間に棟木と桁をかけ、檜皮葺き・両下造(りょうさげづくり)の屋根をかける。柱・壁は設けない。なお、社殿の国宝指定棟数は2棟(本殿と中門)とされ、釣殿は本殿・中門の付属という扱いになっている。
c0119036_2213749.jpg
c0119036_22132173.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by Von-Braun | 2011-08-31 22:14 | 甲信越
大王わさび農場
10:19に妻籠を出て12:05に安曇野の大王わさび農場に到着。
本当は松本城の予定でしたが、天気予報を信じて最終日にまわしました。
c0119036_2232237.jpg
大王わさび農場
c0119036_22324557.jpg
おなじみの水車
c0119036_2232549.jpg
対岸から撮るのが一番綺麗なんだろうが。。。。
c0119036_223342.jpg
このボート邪魔。
c0119036_22332024.jpg
わさび
水はとてつもなく冷たい。
水は冷たいだけで清いというイメージがありますよね。
c0119036_22332986.jpg
ひとつ残念なのはわさびの種類や成分などの展示コーナーがなかったこと。
wikiによると、ここでは長野23号、真妻、正緑、などの品種が育てられているらしい。
真妻といえば高級ワサビで有名な真妻ワサビは、和歌山県印南町の真妻地区が原産。
c0119036_22333856.jpg
買い物をしている間に水車小屋に
c0119036_22334671.jpg
c0119036_2234069.jpg
NHK朝ドラおひさまのセット。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by Von-Braun | 2011-08-30 22:09 | 甲信越
妻籠
長野に行ってきました。
2泊3日の行程で、長野の国宝建築物を全部まわる予定。
長野の国宝は大法寺三重塔、松本城乾小天守・月見櫓・辰巳附櫓・天守・渡櫓、安楽寺八角三重塔、仁科神明宮中門(前殿)・本殿、善光寺本堂の10件、五箇所。妻籠は重要伝統的建造物群保存地区なので行くことにします。

天気予報では初日、2日目が雨、3日目が曇りで、初日は妻籠、松本城の予定でしたが、一番天気が良い最終日に松本城に行くことにしました。

調べると妻籠まで6時間弱かかるようなので4時に出発することに。

3:30起床、3:46発。
うーん、普段は寝起きが悪いのに、旅行だと早く起きられますね。

本日は阪和道も空いています。
土日が休みではない私は高速道路上限1000円ではほとんど恩恵にあずかっていない。そもそもそれほど高速に乗らない。受益者負担は当然のことである。

近畿道から第二京版、京滋バイパス、名神そして中央へ。
おっと、ガソリンがない!!
尾張一宮PAへ寄るが、ないやんけガソリンスタンドが。。。
エアコンを止め、スピードを落とす。
次の内津峠PAにもなし。。。。
2つ続けてガソリンスタンドがないとは!どないなってんねん!!
降りようと思ったが、次の虎渓山PAにはあるようだ。
ガソリンを入れて10分休憩。

あまりにスムーズに来たもので、このままでは妻籠に8時前に着いてしまう。
大き目の恵那峡SAで朝食をとることにしました。
35分休憩したあと、中津川で高速を降り、妻籠へ。

10時の予定が8:32分についてしまった。休憩を省けば4時間か。
案外早かったな。

c0119036_23324057.jpg
この時間だと人っ子一人いない。
というのはウソで、後ろにかなりの人数の団体がいます。
邪魔なので先を急いで撮っています。
c0119036_2334385.jpg
c0119036_23341168.jpg
団体を避けて山手に向かう。
c0119036_22414171.jpg
光徳寺前の墓地
c0119036_22425671.jpg
光徳寺前から妻籠宿
光徳寺の上に旧妻籠小学校があり、その奥に鳥居があった。
c0119036_23571854.jpg
c0119036_23574124.jpg
和智埜神社
妻籠宿の鎮守らしいが詳細は不明。
c0119036_23581311.jpg
c0119036_23582053.jpg

旧妻籠小学校。1997年に廃校になったよう。
c0119036_022348.jpg
光徳寺
c0119036_2249243.jpg
c0119036_22493346.jpg

c0119036_225087.jpg
c0119036_22503749.jpg
林家住宅
主屋と侍門
主屋、文庫蔵、土蔵、侍門が国の重要文化財。

林家住宅は脇本陣奥谷とも呼ばれます。というか、脇本陣奥谷がメイン。
代々脇本陣・問屋を勤めた家で、現在の建物は明治10年にそれまで禁制であった桧をふんだんに使い建てられました。現在は昔の生活道具、皇女和宮よりの拝領品など歴史を語る品々を展示した博物館施設として公開しています。
島崎藤村の初恋の人「おゆふ」さんの嫁ぎ先でもあり、旧家の堂々たる造りを見ることができます。

それはいいけど文庫蔵、土蔵がどれか分かりません。
ネットでいくら探しても分かりません。国の指定ですよ。観光協会や街は、きちっと画像をいれて紹介しようよ。
c0119036_22494641.jpg

c0119036_22513542.jpg
しゃちほこ
なんか縁起がいいらしい。
c0119036_22514394.jpg
c0119036_2252745.jpg
c0119036_22521883.jpg
c0119036_22522735.jpg
高札

次は大王わさび農園

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by Von-Braun | 2011-08-26 23:09 | 甲信越
パソコン断念
パソコン購入予定でしたが、株で大損こきました。30万円を株のほうにまわしたので、資金無し。
[PR]
by Von-Braun | 2011-08-25 22:35 |