<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Paint the Dinosaur
妻と息子がUSJに行った。

USJのエクスプレスパス(ディズニーのファーストパスと同じ)は、最初はディズニーと同じシステムだったが、いつの間にやら有料に。金さえだしゃ早く乗れるんやから、いい制度といえばいい制度。
遠方で滅多に行けない方はいくら金積んでも、できるだけ乗れた方がいいもんね。
でも、家族で行くとちとキツイ。

わたしは仕事で妻と息子が行ったのだが。。。。

ジュラシック・パーク・ザ・ライドで、妻がエクスプレスパスを買うというと、息子は「ディズニーランドでは2時間も並んでいるから50分ぐらい待つよ」と殊勝なことを言ったらしい。
そして売店で、恐竜をねだった。2体も。
もちろん並んだのはその伏線だったわけで。。。。。

息子よ、そのずるがしこさは勉強に使え。

で、買ってきたのがこのPaint the Dinosaurなるもの。

買って来たのはいいが、塗ってくれとうるさい。
筆で塗るのも面倒なのでエアブラシを久々に使用。

c0119036_0574142.jpg
アンキロサウルス
c0119036_0574811.jpg
まず下地を塗装します。
c0119036_05753100.jpg
c0119036_0575919.jpg
次にブラウン系を塗りました。
c0119036_058496.jpg
昔は恐竜といえばグレー系が主流で、図鑑はどれも同じような色でしたが、そもそも皮膚が残っているわけでもないので、どんな色か分からない。
爬虫類より、鳥類に近いとか、羽毛が生えていたとかいう説もあるので、あまり色にはこだわらないことにした。
c0119036_0581117.jpg
さらにグリーン系で模様をつけてできあがり。

う~ん、いまひとつか。
c0119036_0581639.jpg
お次はティラノサウルス
今は姿勢も前傾姿勢に変わっています。

左上にあるティラノのような模様にしてくれとのリクエスト。
c0119036_0582236.jpg
タンに近い色で下地を塗ります。
c0119036_0582723.jpg
その上からグリーンを噴きます。
c0119036_0583292.jpg
腹は下地をそのまま残します。
c0119036_0583932.jpg
さらに濃いグリーンで模様を噴き付けます。
最後に、マスクゾルで白く残す部分(歯)を塗って、赤をふきつけます。
c0119036_0584589.jpg
c0119036_0585255.jpg


はじめから、見本よりかなり明るい色になるであろうことは予想していたが、おんなじような色はつまらんやろうということで、こんなになりました。

なかなかいい感じ。
息子も気に入ってくれました。

でも息子よ!
何事もチャレンジが必要だ。自分で塗れ!!
[PR]
by von-braun | 2009-12-24 01:19 | その他
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OSを購入しました。
c0119036_2391886.jpg

年末飛行機に乗るのんですが、なんや手荷物うるさくなったようやし、替レンズ持って行くの重いので、購入しました。
c0119036_2392696.jpg

[PR]
by von-braun | 2009-12-16 23:16 | カメラ
雫の滝、一枚岩、滝の拝、まぼろしの滝
12月8日
那智の滝より米俵一俵分低いと言われるまぼろしの滝を目指して、古座川町を徘徊しました。
7:50出発
国道42号線を南下。すさみから佐本を通ってまずは七川ダムにでます。
途中すさみ町内で雫の滝を見ました。
c0119036_2321772.jpg
雫の滝
c0119036_23211436.jpg
すさみ八景のひとつ。
周参見川の本流にかかる高さ約30メートルの美しい二段の滝。
9:05から約20分。
c0119036_23212254.jpg
七川ダム
9:40佐田の七川ダムに到着。
大減水です。
確かに最近雨降ってないけど。。。。
ここまで減水しているのは初めて。
なんか工事でもしてるんやろか?


このあと、まぼろしの滝を目指すが、地図を忘れたり、工事してたりで断念。
c0119036_23213140.jpg
一枚岩
【天然記念物】
10:34一枚岩に到着。
ここで観光案内マップを手に入れる。

一枚岩は、古座川沿いにそびえ立つ高さ100メートル、幅500メートルの一枚の大きな巨岩。
昔、太地に岩が大好物という魔物がいた。その魔物は岩の多い古座川流域に目をつけ、下流から岩を次々と食い荒らしていった。
魔物が一枚岩の前までたどり着き、一枚岩に食らいついたとき、犬がこれを見つけ、猛然と襲いかかった。犬が嫌いだった魔物は一目散に逃げ去ったという。

このときの魔物の歯型が一枚岩のほぼ中央に現在も残っており、魔物の悔し涙が一枚岩に流れ落ち、「陰陽の滝」と呼ばれる滝となったと伝えられる。
c0119036_23213813.jpg
一枚岩と紅葉
c0119036_23214875.jpg
紅葉と古座川
c0119036_23215478.jpg
川下からの一枚岩

10:53一枚岩を後にし、滝の拝へ向かう。
c0119036_232207.jpg滝の拝
11:15到着


c0119036_2322899.jpg古座川の支流小川中流域に位置する滝の拝。
川床すべてが岩床で大小さまざまな奇形の岩穴があり、岩床の中央には滝(落差8mの渓流瀑)があります。

c0119036_23221578.jpg

昔、滝の拝に、滝の拝太郎という侍が住んでいた。
太郎は人々の目を楽しまそうと滝の周辺の岩床に毎日刀で穴を掘っていた。
あとひとつで千個めの穴になるというときに刀を滝つぼに落としてしまった。
太郎は刀を拾いに滝つぼにもぐったが、上がってこない。
家人や近所の人々は、滝の主の食われたのだろうとあきらめて、七日の法事をしていたときに、太郎がひょっこり帰って来た。

太郎の話によると、滝つぼの底に宮殿があり、そこに住む滝の主の姫が大勢の侍女とともに太郎を歓待してくれたという。

太郎は夢中になって遊んでいたが、ふと家のことが気になり、落とした刀と丸い大きな石を土産にもらい、地上に帰ったのだという。

このとき以降、それまで滝つぼで雷のようにゴロゴロと鳴っていた音が止んだそうだ。
その石は今も滝の主を祀った金比羅神社の境内に置かれている。
c0119036_23222323.jpg
c0119036_23223122.jpg
c0119036_23223732.jpg


11:53再度まぼろしの滝にチャレンジ

地図を見ていたら、平井からも行けそうなので、行くことにする。

c0119036_23225027.jpg
ゆずで有名な平井の里
371号線を七川ダムまで引き返し、平井に向かう。
途中までまぼろしの滝の標識があるが途中でなくなるので要注意。
c0119036_23224430.jpg
ここで右折。西川地区に向かう道に入る。
c0119036_23225796.jpg
すぐに左折。
c0119036_23234100.jpg
しばらく走り再度左に曲がり約7km
c0119036_23232277.jpg12:50 やっと到着
ここから約5分歩きます。

c0119036_23231453.jpgようやく見えてきました。

c0119036_23233081.jpg紅葉は期待してなかったけど、なかなかいい感じ。

c0119036_23233786.jpg水量少ないし、
c0119036_23234443.jpg
c0119036_23235153.jpg
c0119036_23235823.jpg
c0119036_2324498.jpg
c0119036_23241096.jpg


13:25 まぼろしの滝をあとにする。
13:52 七川ダム
14:19 すさみで国道42号線に入る
15:04 自宅着 229km走りました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2009-12-12 00:30 | 和歌山
EF100mm f/2.8L MACRO IS USM
ついに買っちゃいました。
EF100mm f/2.8L MACRO IS USM。
c0119036_132034.jpg

年末東京へ行く用事があったんですけど、もう、待てない。。。
ということで価格.comで調べて注文。
最安値ではありませんが、評価が高く取引数があるところで注文。
88,899円でした。
c0119036_19648.jpg
さっそく7Dni装着。
c0119036_183812.jpg
でもAFが大きく外れると、AFが止まってしまう。
不良品か?と思いましたが、「そういやカメラの設定いじったかも」と思い出し、C.FnⅢ:AF・ドライブを確認するとAF測距不能時のレンズ動作が“駆動しない”になってました。早速“サーチ駆動する”に変更するとスムーズにAFが動きました。
よかった!!不良品じゃなくて。
夕方来たので、まだ撮ってませんが、明日が待ち遠しい。

c0119036_192042.jpg
コンデジも購入。これで5台目。(うち2台は盗難にあった)
IXY DIGITAL 930IS
24,500円

あまりパソコンにソフト入れたくなかったので、CANONで統一したかったというのもあるんですが、
①広角24mmであること。
②タッチフォーカス:タッチパネルでピントの位置が決められること。しかも自動追尾してくれる。
以上の2点が非常に気に入り購入しました。
[PR]
by von-braun | 2009-12-02 11:24 | カメラ