<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
宝当袋
愚妻が、唐津は高島の宝当神社に行ったので、宝当神社のお守りと宝当袋を買ってくるように頼んだのですが。。。。
c0119036_23431435.jpg
買って来たのはこの宝当袋だけ。
お守りを買って来いと言ったのを忘れていたらしい。
袋の方は、唐津のホテルから高島への生き方をインターネットで調べ、袋の写真と行き方の地図、フェリーの時刻表など、至れり尽くせりの資料を渡したので無事買ってきたが。。。。

しかし、忘れていたにしても、神社へ行ってお守り買わへんなんてありえ~へん!
そんなもん、受験生を抱えた母親が大宰府天満宮に行って、梅が枝餅だけ買って、お守り買ってこうへんのと同じや!!

ほんまに愚妻や!!

c0119036_23433141.jpg
それはともかく、オータムジャンボを2日入れておいた。
連番20枚とバラ20枚。
c0119036_23434569.jpg
そしたら、なんと1000円が3枚あたった。

でも、赤字やけど。

明日年末ジャンボ買ってきます。
[PR]
by von-braun | 2009-11-30 00:01 | 九州・沖縄
インフルエンザ
土日出張で日曜日の夜帰ってきました。
正確に言えば月曜日の未明ですが。。。。  
飲んでましたので。。。

娘が金曜日から頭が痛いといっていて微熱が続いていました。
そのときの診断は風邪。
月曜日は、娘が体調が悪かったので、娘と妻を家に残し、息子と一緒に中辺路へ。

その晩から2人とも37度前半まで熱が出ました。
普段は別室で寝ている私も同じ部屋で寝ることに。

私、月、火、水と3連休でして、俺が休みの日に風邪ひくな!、と非常に不愉快なわけで。。。。

火曜日に医者に行ったところ今回も風邪の診断。
日中は2人も元気だったのですが、その晩から息子の方が38.6度まで熱が上がり、娘の方も微熱が出て、頭を痛がります。

本日別の医者で診察してもらったところ、2人ともインフルエンザでした。
娘の方はすでに快方に向かっているとのことでタミフルはでませんでした。

あー俺も頭痛い。

糖尿なのに。。。。。
[PR]
by von-braun | 2009-11-25 13:30 | 日常
福定の大銀杏
11月23日
小森谷で遭難しそうになってから、風邪をひいて寝込んだり、天気が悪かったりで、しばらく外に出てなかったんですが、今日は久しぶりの快晴。
中辺路の福定まで銀杏を見に行きました。
c0119036_22333916.jpg
c0119036_22334690.jpg
c0119036_22335463.jpg
c0119036_2234035.jpg
c0119036_2234855.jpg
c0119036_22341490.jpg一般的には三連休の最終日なので、観光客、アマチュアカメラマンが多かったです。

c0119036_22342185.jpg若干まだ緑の部分が残っています。

どうもこの大銀杏、こちら側が色づくのが遅いようです。


五行説でいうと秋は「白」。北原白秋の名はここから来ています。
白というイメージはないですね。

ご存知の通り春は「青」で青春です。
他はあまり聞きなれませんが、夏は赤で朱夏、冬は「黒」で玄冬といいます。

私のイメージでは春は新緑の「緑」、夏は海の「青」、秋は紅葉の「赤」、冬は雪の「白」といったところでしょうか。

それはともかく、秋は物悲しいですね。
紅葉を見ていると、死を目前にした、最後の一瞬の輝きのような感じがします。

c0119036_2341927.jpg
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ
        わが身ひとつの 秋にはあらねど
                     大江千里(おおえのちさと)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2009-11-24 23:09 | 和歌山
小森谷
11月4日
昨日、初霧氷が確認されたということで、天気予報を調べると、高野山で朝6時頃まで零下だったので、それより標高の高い護摩壇山では今日も霧氷が見えるかも!? 
と思い5時40分に出発して護摩壇山を目指しました。

しかし、ひとつも寒くならないんですよね。龍神についても。。。。。

頂上付近にも昨日の雪はところどころ残っており、下も降りているのですが、霧氷はない。
寒くもないんですよね頂上付近でも。
ほんま、あてにならへんわ天気予報。
c0119036_1741151.jpg
6:52
龍神岳の夜明け
c0119036_1741770.jpg
伯母子岳
遠くに大峰の山々がくっきりと。

さてと昨年道を間違えた小森谷へ行こうか。

小森谷の伝説

 戦に敗れ敵の追手から逃れ、小森谷へやってきた平維盛は、彼の父 重盛の代から仕えていた家臣、衛門と嘉門の兄弟とともに平家再興を願いながらひっそりと暮らしていました。やがて維盛は、小森に住むお万という娘と恋に落ちました。月日が経ったある日、平家の滅亡を知らされた維盛は山頂に登り、護摩を焚き、「平氏勝利を得るならばこの煙を天へ上げ給え、もし不運にして破れるならばこの煙を地に下し給いて我が家の運命を知らせ給え」と占ったが煙は地に下っていった。 これをみて維盛は平家の繁栄は覚束ないと思い、眼下に広がる小森谷渓谷に別れを告げて、死出の旅に出ました。
 維盛が那智の滝で自殺したことを知った衛門と嘉門は、屋敷から更に小森谷渓谷上流の滝に身を投げました。その翌朝、恋人を失ったお万も死を決意し、野菊模様の着物に最初で最後の薄化粧をして小森谷渓谷を上りました。白粉の残りを清流に流し、少し上った小さな滝に紅を溶かしました。そしてもう少し上流にある深い淵に身を投げたのです。
 衛門と嘉門が身を投げた滝を「衛門・嘉門の滝」、そこから約3km下流にある淵を「お万ヶ淵」、お万が白粉を流したところを「白壺」、紅を流したところを「赤壺」と呼び、今でも白色紅色の岩肌をしているのは、お万の悲しみが残っているからだと言われています。

c0119036_17442772.jpg
高野龍神スカイラインから小森谷へのアクセスルート

工事中というのは事前調査で知っていたけど、こんなに上を工事しているとは。。。。。
c0119036_17443525.jpg
c0119036_17411555.jpg
6:58
案内図
越戒の滝まで5kmの表示が。
c0119036_17412231.jpg
隣には衛門嘉門の滝まで3km、平維盛屋敷跡まで5kmの表示が。。。。
どっちが正しいねん?
c0119036_17412959.jpg
太陽がさしてきました。
c0119036_17413565.jpg
この道を下っていくのか。。。。
戻るのが大変そう。
c0119036_17414116.jpg
7:47
あと1kmの表示が。
c0119036_17414843.jpg
c0119036_20183422.jpg8:02
越戒の滝入口に到着
上流に行くと衛門嘉門の滝があります。

まずは上流に向かいます。

c0119036_1742159.jpgこの滝の上まで道はあったのですが、道はなかったので、これが衛門嘉門の滝かと思い引き返しました。
衛門嘉門の滝はこの滝のもう少し上流にあります。

c0119036_1742848.jpg



c0119036_17421549.jpg
c0119036_17422239.jpg越戒の滝遊歩道のところからは滝がみえないので、遊歩道を外れ下まで降りました。

c0119036_17422933.jpg
8:56
林道に戻りました。
お屋敷跡まであと3km

これから3kmはよう歩きません。。。。。。
c0119036_17423571.jpg
ごまさんスカイタワー
c0119036_17424236.jpg
c0119036_17425065.jpg
c0119036_17434100.jpg
c0119036_17431126.jpg
c0119036_17431992.jpg
c0119036_17432733.jpg
c0119036_17433453.jpg
c0119036_17434029.jpg
c0119036_17434826.jpg
c0119036_17435780.jpg
c0119036_174452.jpg

c0119036_17441343.jpg


10:21
ようやくスカイラインまで戻る。

スカイラインを下って、小森谷を下流から攻める。
c0119036_17474616.jpg
c0119036_1748134.jpg
c0119036_17481614.jpg
c0119036_17482714.jpg恋小袖の滝

c0119036_17483675.jpg
c0119036_17484578.jpg
c0119036_1748542.jpg
c0119036_1749217.jpg
11:23
小森谷遊歩道到着
c0119036_1749925.jpg釣り橋が落ちているのは知っていました。

11:27
白壺通過

c0119036_17491886.jpg
11:31
落ちたつり橋
落ちたのは知っていますが、一本目やとは聞いてませんでした。

どうしようか考えながら景色を撮っていました。
c0119036_17492658.jpgどうも今日は太陽から見放されている。
天気予報では晴れだったのに、曇りやんけ!!

c0119036_17493557.jpg
11:52
いつもでたっても陽がさしてこないので、意を決して対岸へ渡ることに。
けっこうな崖なので、折れた樹を足場にしてなんとか下へ降りました。登りはつり橋のワイヤーを伝って登りました。

11:49
赤壺通過

c0119036_17494498.jpg11:58
この橋を渡ったところで前回道を見失いました。

c0119036_17495555.jpgここから先は未踏の地ですが、このように道がくずれているところが多々ありました。

12:13 
お万ヶ渕通過


c0119036_175026.jpg
c0119036_17501010.jpg12:39
白念の滝
滑らかに露出する岩層に描かれたこの滝は幅が13m、高さ30mにも及び、深水あたかも白布の如く、深声は念誦の如く響き、白念の滝と呼ばれている。

c0119036_17501825.jpg
c0119036_17502514.jpg
c0119036_17503210.jpg

c0119036_17504765.jpg13:14
遊歩道はここで終わり、スカイラインからの林道につながる。
そう、朝断念した道です。
c0119036_17505581.jpg
13:31
平維盛が隠れ住んだところ
c0119036_1751269.jpg


13:45
遊歩道入口到着

すでに遊歩道に入る前から右足の付け根が痛かったのですが、つり橋を渡ったところで、両太ももに痙攣及び激痛が。。。。。。
足を揉みほぐしてから帰ります。

足動かんようになったら、この時期に、ここだったら確実に死ぬやろなあ。。。と考えながら、何とか帰りました。

c0119036_1751927.jpg植林地帯も通りますが、道がよく分からず、行き道は迷いました。

14:05
白念の滝通過



c0119036_17511793.jpg14:26
お万ヶ渕
お万が投身自殺したところ

c0119036_17512678.jpg
c0119036_17513481.jpg
c0119036_17514247.jpg
15:00
赤壺
c0119036_1751529.jpg
c0119036_1752156.jpg
c0119036_1752105.jpg
c0119036_17522054.jpg15:06
橋崩落現場

c0119036_17522750.jpg
c0119036_17523819.jpg
崩落したところを真下から
c0119036_17524653.jpg
c0119036_17525438.jpg
c0119036_1753348.jpg
15:12
白壺
c0119036_17531253.jpg



15:19 
遊歩道入口に戻ってきました。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2009-11-07 22:53 | 和歌山
護摩壇山・龍神岳
12:13
安堵山、黒尾山の鞍部を出発し護摩壇を目指します。
c0119036_2373190.jpg龍神岳

13:20
ワイルドライフ到着

c0119036_2374539.jpg
スカイタワーの方からは開けた場所がないので、ワイルドライフ側から登ります。
c0119036_23102955.jpg
スカイタワー側からだとこの景色も見えませんしね。
c0119036_2310387.jpg
大きな樹があるのもこちら側
c0119036_23104515.jpg
途中までは紅葉がキレイでしたが、頂上はもう散ってしまっていました。
c0119036_23105199.jpg
13:41
護摩壇山到着
護摩壇山頂上から龍神岳
c0119036_23105955.jpg
この上に登らないと龍神岳は見られない。
c0119036_2311569.jpg龍神岳のNHK中継塔
13:56龍神岳到着。

c0119036_23111257.jpg
龍神岳から遠く果無山脈を望む
わかりづらいですかね。
c0119036_2311198.jpg
龍神岳から護摩壇山
c0119036_23112650.jpg
c0119036_23113237.jpg
龍神岳から果無山脈
望遠で撮りました。
c0119036_23113951.jpg
c0119036_23114768.jpg
c0119036_23115337.jpg
c0119036_23115956.jpg
c0119036_2312428.jpg
c0119036_23121157.jpg
護摩壇頂上付近から
木々の間から見える龍神岳
c0119036_23122062.jpg
c0119036_23122691.jpg
c0119036_23123330.jpg
c0119036_23123976.jpg
c0119036_23124580.jpg
14:43 
ワイルドライフの駐車場に戻る。

スカイタワー側にも行くことにしました。
c0119036_2312537.jpg


c0119036_2313143.jpg月と龍神岳

c0119036_231386.jpg
伯母子岳
c0119036_23131491.jpg
龍神岳遠景
c0119036_23132060.jpg
月と龍神岳c0119036_23134072.jpgスカイタワーにはかなり久しぶりに登ります。

c0119036_23132764.jpg
スカイタワーより護摩壇山
c0119036_23133437.jpg
スカイタワーより駐車場
今日は平日なのに車が多かったです。
c0119036_2313474.jpg
スカイタワーと護摩壇山
c0119036_23135496.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2009-11-02 23:52 | 和歌山