カテゴリ:近畿( 81 )
古都奈良の文化財
古都奈良の文化財2 東大寺(大仏殿)
古都奈良の文化財3 東大寺転害門・二月堂周辺
古都奈良の文化財4
古都奈良の文化財5 春日大社
古都奈良の文化財6 新薬師寺
古都奈良の文化財7 元興寺・ならまち周辺
古都奈良の文化財8 興福寺・奈良女・平城宮跡・夜景
古都奈良の文化財9 薬師寺
古都奈良の文化財10 唐招提寺
古都奈良の文化財11 平城宮跡・東院庭園・宇奈多理坐高御魂神社・法華寺・海龍王寺
古都奈良の文化財12 不退寺・興福院・般若寺・春日大社摂社若宮神社・蓮長寺
古都奈良の文化財13 東大寺五輪塔・圓成寺
UPしました。
[PR]
by Von-Braun | 2012-12-18 23:47 | 近畿
古都奈良の文化財
世界遺産「古都奈良の文化財」
興福寺をUPしました。
[PR]
by Von-Braun | 2012-09-29 23:28 | 近畿
護摩壇山、龍神岳
2012.2.20
今季3回目です。
18日にまとまった雪が降り、それ以降ずっと氷点下なので期待して行った。
虎ヶ峰にも雪が残り、いい感じだ。

しかし、近づくにつれ、、、、
道に雪が残っていない。
樹氷も全然残っていない。
c0119036_6293015.jpg
高野龍神スカイラインから見る龍神岳
c0119036_6295952.jpg
護摩壇山
天気は良いのだが。。。
c0119036_639173.jpg
護摩壇山頂上
c0119036_639316.jpg
頂上にわずかに残る樹氷
c0119036_6401840.jpg
護摩壇山頂上より南方
c0119036_6404361.jpg
護摩壇山頂上より龍神岳
c0119036_641795.jpg
城ヶ森山
c0119036_6424554.jpg
果無山脈をバックに樹氷
c0119036_643571.jpg
c0119036_643209.jpg
c0119036_6412064.jpg
龍神岳への道
この方向はかなり樹氷が残っている。
c0119036_6433722.jpg
ちょっと下って護摩壇山を振り返る。

前から老人が来たので挨拶をしたが無視された。
本当に、最近の年寄りは!
しつけがなってないな!
c0119036_6434632.jpg
c0119036_6441139.jpg
c0119036_6442297.jpg
c0119036_6443999.jpg
龍神岳から護摩壇山
c0119036_6445082.jpg
写真を撮っていると「こんにちは」という声がかかり、びっくりした。
林道から(私と別方向)から来たとのこと。
その奈良の五條からきたという年配の方としばし歓談。
c0119036_645381.jpg
龍神岳から大峰山脈
c0119036_6451349.jpg
釈迦ヶ岳
c0119036_6452143.jpg
スカイライン
c0119036_6452999.jpg
テレビ塔
c0119036_6454134.jpg
伯母子岳と大峰山脈
c0119036_6455120.jpg
護摩壇山
c0119036_646199.jpg
c0119036_647989.jpg
c0119036_6471759.jpg
c0119036_6472487.jpg
c0119036_6473385.jpg
c0119036_646942.jpg
帰り道
c0119036_646238.jpg
伯母子岳への途上から大峰山脈を望む
c0119036_6463086.jpg
c0119036_6463841.jpg
伯母子岳への途上から龍神岳と護摩壇山
c0119036_6464623.jpg
c0119036_6465557.jpg
c0119036_647350.jpg



もう少し雪、樹氷が残っていると思っていたので少々残念。
本当はこんな状態で、快晴の日に行きたいんですけど。
c0119036_19214127.jpg

2009.1.14
[PR]
by von-braun | 2012-02-21 07:29 | 近畿
護摩壇山、龍神岳
1月24日
龍神岳に登ってきました。

前日のアメダスで確認、護摩壇山は降水量しか分からないが、高野山と龍神で気温と降水量を確認し、天気予報では和歌山南部が晴れ、和歌山北部が曇のち晴れなので、今年、辰年、初めて龍神岳へ行くことにしました。

6時に目覚ましを掛けましたが、結局出たのは8時30分頃。
奇絶峡にさしかかる頃から雪が。。。。

c0119036_22432063.jpg
8:58虎ヶ峰
外気は0度です。
台風被害であちこち土砂が崩れ、一方通行になっているので、信号待ちにかなり時間がかかります。
c0119036_2243371.jpg
9:28季楽里龍神付近
龍神温泉手前から道にも雪が積もっていました。
c0119036_22435376.jpg
9:51高野龍神スカイライン
このあたりは大分積もっています。FFの軽自動車、スタッドレスで上っています。それも平成17年に買ったスタッドレスです。
c0119036_22441715.jpg
9:57ワイルドライフ付近の樹氷
このあたりの外気は-6度でした。
c0119036_22443592.jpg
10:21護摩壇山への道
c0119036_22445974.jpg
c0119036_2245949.jpg
途中までは登った形跡がありましたが、途中で残念したのか、引き返していました。
c0119036_22461773.jpg
10:32護摩壇山頂上到着
ここで、かなり逡巡しましたが、龍神岳に行くことにしました。
c0119036_22465360.jpg
龍神岳への道
当然、今日は誰も歩いた形跡はない。
c0119036_2247950.jpg
風が強く、パウダースノーを巻き込んで吹き付けてきます。耳が引きちぎれそうでした。
c0119036_22472724.jpg
10:48漸くNHKの塔が見えてきました。
c0119036_22473959.jpg

c0119036_22475654.jpg
10:49和歌山県最高点
c0119036_22481437.jpg

c0119036_22482898.jpg
龍神岳から南方向
何にも見えません。
和歌山南部は晴れの予報だったんですが、晴れてる気配はありません。
左の山肌にかすかに斜めに白く見えるのが、高野龍神スカイラインです。
c0119036_22484995.jpg
龍神岳手前に、またひとつ塔ができていました。
c0119036_22491774.jpg

c0119036_22493974.jpg
帰り道、かすかに護摩壇山が見えました。
c0119036_22502166.jpg

c0119036_22503512.jpg
11:31ごまさんスカイタワー
c0119036_22504891.jpg
晴れるどころか、吹雪いてきました。
c0119036_22505888.jpg

c0119036_2251232.jpg
11:47恋小袖の滝
c0119036_22514211.jpg
12:13龍神温泉
心ならずも、今日も天気予報がいかにあてにならないか、を実証してしまいました。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by Von-Braun | 2012-01-25 22:55 | 近畿
吉野2011 その5 中千本から如意輪寺
今回で吉野2011最後です。
c0119036_22361634.jpg
c0119036_22362246.jpg
c0119036_22363042.jpg
途中の茶屋で山菜うどんをたべました。
c0119036_22363667.jpg
c0119036_22364374.jpg
c0119036_22365077.jpg
足を引きずりながら山道を登り、ようやく如意輪寺が見えてきました。
c0119036_2236576.jpg
本堂
c0119036_2237281.jpg
楠公父子の像
正成涙をうち払い
わが子正行よび寄せて
父は兵庫におもむかん
彼方の浦にて討死せん
汝はここ迄来つれども
とくとく帰れ故郷へ
c0119036_2237816.jpg
多宝塔
c0119036_22371466.jpg
c0119036_22372057.jpg
c0119036_22372717.jpg
c0119036_22373261.jpg
c0119036_22373978.jpg
c0119036_22374619.jpg
c0119036_22375345.jpg
c0119036_2238033.jpg
御霊殿


12:40分
津風呂湖へも行きたかったのですが到着予定が1時。
4時までには帰りたいので今回は断念。
家への到着予想時間が15:57分

実際は15:11に到着しました。
約2時間半ですね。

今回は下千本が見頃のときに行きました。
前回は上・奥千本が見頃の1日前に行きました。
1週間くらい泊まって満喫したいのですが、そうもいかず。。。。
吉野へ行くときの参考にしてください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2011-04-29 22:47 | 近畿
吉野2011 その4 上千本から中千本
c0119036_2244527.jpg
瀬尊寺跡・三郎鐘の茶屋から見た吉野
c0119036_2245357.jpg
c0119036_225186.jpg
c0119036_2258100.jpg
c0119036_2251871.jpg
吉野水分神社【重文 世界遺産】
c0119036_2253619.jpg
庭の桜はまだのようです。
c0119036_2254317.jpg
本堂は工事中

運動不足のため、下り坂で足を痛め引きずりながら中千本に
c0119036_2255751.jpg
c0119036_226473.jpg
c0119036_2261375.jpg
c0119036_2262067.jpg
c0119036_2262913.jpg
c0119036_2263881.jpg
c0119036_2264833.jpg
c0119036_227194.jpg
如意輪寺


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2011-04-29 22:32 | 近畿
吉野2011 その3 大名行列、御幸の芝付近
c0119036_2303552.jpg
c0119036_2304332.jpg
c0119036_23120100.jpg
如意輪寺
c0119036_2313996.jpg
c0119036_2315540.jpg
地面に平行出ている煙突
一酸化炭素中毒になるぞ!
c0119036_2321196.jpg
桜本坊
金峯山修験本宗別格本山。
c0119036_2321960.jpg
c0119036_2323678.jpg
大師堂
c0119036_2324766.jpg
c0119036_2325885.jpg
c0119036_233822.jpg
c0119036_2331874.jpg
c0119036_2333538.jpg
c0119036_2335279.jpg
花供懺法会
吉野山の桜を金峯山寺の本尊・蔵王権現にお供えするという春の吉野山が最も賑わう行事。
十万石の格式を持つ大名行列で、奴行列を先頭に、 一山僧侶、稚児、山伏、信徒らが行列を整えて竹林院から蔵王堂まで練り歩く。
法要を終えたのち蔵王堂境内において採灯大護摩供を勤修し、「千本づき」でつかれた餅がまかれて終わります。花供懺法会・花供会式
c0119036_2341533.jpg
c0119036_2343120.jpg
c0119036_2344110.jpg
c0119036_23542.jpg
c0119036_2352074.jpg
大名籠
中をのぞくと実際に乗っていた。
後で知ったが管長が乗っていたらしい。
c0119036_2354362.jpg
c0119036_2361179.jpg
御幸の芝から
左側にいい桜が。。。
c0119036_2363263.jpg
実際に行ってみた。
c0119036_2364420.jpg
途次、蔵王堂が見えた。
c0119036_22334074.jpg
c0119036_22335240.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2011-04-28 23:42 | 近畿
吉野2011 その2 下千本、蔵王堂、吉水神社
c0119036_15101094.jpg
下千本
c0119036_1510182.jpg
c0119036_15102199.jpg
c0119036_1510328.jpg
蔵王堂
c0119036_15104387.jpg
c0119036_18181990.jpg
ビジターセンターの桜
c0119036_18183323.jpg
c0119036_18185454.jpg
c0119036_182015100.jpg
吉水神社への途次
c0119036_18203241.jpg
吉水神社
c0119036_18204715.jpg
吉水神社からみた中千本
c0119036_1821647.jpg
書院【重要文化財 世界遺産】
社伝では、白鳳年間に役行者により建立されたと伝えられる。
南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に潜幸したとき、宗信法印の援護を受けて吉水院に行宮を設け,一時居所とした。後醍醐天皇の崩御の後、後村上天皇が後醍醐天皇の像を作って吉水院に奉安した。
明治の神仏分離の際に僧坊・吉水院は廃され、明治8年(1875年)に後醍醐天皇を祀る神社として吉水神社に改称し、村社に列した。
後醍醐天皇のほか、源義経や豊臣秀吉ゆかりの地でもあり、多くの文化財が所蔵されている。本殿は旧吉水院護摩堂である。隣接する書院には、後醍醐天皇の玉間と源義経が潜居したと伝えられる間があり、重要文化財に指定されている。
c0119036_18211731.jpg
襖絵 『群鶴』
狩野 山雪作
桃山時代後期
c0119036_1821252.jpg
義経潜居の間
c0119036_18213816.jpg
c0119036_18221886.jpg
後醍醐天皇玉座
c0119036_18222751.jpg
c0119036_18223785.jpg
役行者
c0119036_18224911.jpg
狩野永徳筆
『桜の図』
桃山時代前期
豊臣秀吉愛用金屏風
c0119036_1822583.jpg
c0119036_1823639.jpg
c0119036_18231840.jpg
c0119036_18232755.jpg
北闕門

この北闕門は、後醍醐天皇が南朝の皇居をかりそめの行殿とされ

露の身を 草の枕に 置きながら
 風にもよもと 頼むはかなき

いつの日か、北闕(京都)に凱旋できる時を待たれていたが、悲しくも夢なかばにして南朝の皇居で崩御された。
「玉骨は、たとえ南山(吉野山)の苔に埋むるとも、魂魄は常に北闕(京都)の天を望まんと思う」と悲痛な哀悼の御言葉を遺された。吉野一山挙げて、哀愁悲嘆の雲に掩われたが、後醍醐天皇の忠臣達が、ここで号泣したと伝えられる。

                                                碑より
c0119036_18233635.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2011-04-18 22:44 | 近畿
吉野2011 その1 如意輪寺、東南院、蔵王堂
4/12 下千本が満開ということなので、吉野へ行ってきました。
4時24分自宅発の6時40分到着。
おととし止めることができた下千本駐車場が、バス専用となっていて、どこに止めるか思案しているうちに時は流れ。。。。。
結局、おととし行けなかった如意輪寺の駐車場に止めました。
(おととしは上千本が満開のときにいきました。その様子はこちら

そうそう、吉野は高野山、熊野三山とともに世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成しています。

c0119036_23201335.jpg
7:31
c0119036_23283772.jpg
後醍醐天皇御陵
如意輪寺の裏山にあります。

今はまだ日陰なので、境内の散策は帰りにします。
c0119036_2331224.jpg
谷をひとつ越えメインストリートへ。
c0119036_2342211.jpg
東南院多宝塔
今年は枝垂桜が満開!
c0119036_23421446.jpg
c0119036_23422480.jpg
韋駄天山
c0119036_23423496.jpg
韋駄天山からの金峯山寺蔵王堂【国宝 世界遺産】
c0119036_003084.jpg
吉野葛
クセになる味ですよね。
c0119036_005115.jpg
今日は大名行列・花供懺法会・採灯大護摩供厳修があるらしい。
c0119036_011235.jpg
蔵王堂
c0119036_0124100.jpg
金輪王寺・吉野朝皇居跡
c0119036_013363.jpg
c0119036_014978.jpg
c0119036_02089.jpg
寄り添う椿
c0119036_021176.jpg
仁王門【国宝 世界遺産】
c0119036_021974.jpg


今日はここまで。
このあと下千本駐車場まで行き、吉野水分神社へ行き、如意輪寺に戻っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2011-04-18 00:40 | 近畿
くら寿司
1月31日

1/17にオープンしたくら寿司に行ってきた。
c0119036_21414529.jpg

2時間待ったが、それほどの価値があったのか。。。。。。。
100円は100円やね。
[PR]
by von-braun | 2011-03-23 21:45 | 近畿