エツキクダホコリ
エツキクダホコリ
擬着合子嚢体には擬柄があり、全高約10mmまで。個々の単子嚢体は角張った円筒形から卵形、直径約0.4mm、高さ4mmまで、褐色。擬柄は変形膜の延長で海綿質、高さ6mmまで。子嚢壁は半透明、内面には縁取りのある噴火口状の紋がある。
c0119036_040116.jpg
7/10 15:43 稲成
結構群生してました。
コモチクダホコリを発見した場所に近かったので、コモチクダホコリと思っていたのですが。。。。。
c0119036_0401538.jpg
c0119036_0403119.jpg
顕微鏡を見ると枝がない。
c0119036_0411180.jpg
7/11 同じ場所で
c0119036_0413977.jpg
その近くには、また新しいのがでてきていました。
c0119036_0415570.jpg
7/11 22:13
c0119036_0421054.jpg
c0119036_0422255.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2011-07-24 01:00 | 和歌山
<< 田辺祭 ススホコリの変形体 >>