コモチクダホコリ、クダホコリ
コモチクダホコリ
ドロホコリ科クダホコリ属

擬着合子嚢体には擬枝があり、全高約1cm、直径約3cmまで。群生または散生。個々の単子嚢体は、淡褐色から赤褐色。大きく長いものと、小さく亜球形・楕円形のものと2種類の形の単子嚢体からなる。
c0119036_2281888.jpg
6/26 8:58 稲成
c0119036_228368.jpg
12:17 ピンクになってきました。
c0119036_229739.jpg
20:39 黒っぽくなってきました。
c0119036_2292552.jpg
6/28 21:39
c0119036_2210288.jpg
別の固体ですが、2種類の単子嚢体が確認できます。


一方こちらはクダホコリ

クダホコリ
ドロホコリ科クダホコリ属

擬着合子嚢体は枝がなく、全高約5mm、直径約15cmにまで達する。個々の単子嚢体は円筒形、卵形、または紡錘形、密着して角張ることが多く、直径約0.4mm。土色から赤褐色、まれに紫褐色。

c0119036_229341.jpg
6/28 すさみで発見したクダホコリ
c0119036_2294394.jpg

c0119036_233751.jpg



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by von-braun | 2011-07-02 22:27 | 和歌山
<< シロウツボホコリ ウツボホコリ >>